街コンが結婚に効果的なデータはこれかもしれない

結婚するならご近所さん同士で?
ブライダル総研がまとめた結婚に関する調査結果によると、夫婦の6割以上は、結婚前に同じ都道府県に住んでいた者同士のご近所カップルだという。
調査は、結婚情報誌「ゼクシィ」の首都圏読者で2010年4月から2011年3月のあいだに挙式もしくは披露宴・披露パーティーを実施した人を対象にアンケートを実施した。結婚前の居住地が妻と夫ともに同じ県(都)だった割合は64.6%にのぼった。
 県(都)別で見ると、結婚前に妻が神奈川県に住み、夫も神奈川県の住民だった神奈川県同士は70.6%、妻の結婚前の住所が東京都で夫も東京都だった東京都同士は68.2%、千葉県同士は57.3%、埼玉県同士は55.3%、山梨県同士は37.5%だった。
 結婚後の新居については、結婚前に妻と夫が違う県(都)に住んでいた夫婦のうち、62.2%は夫が以前から住んでいた県(都)で暮らし、26.2%は妻が以前から住んでいた県(都)で暮らしている。
 一方、結婚前の住所が妻と夫ともに同じ県(都)だった夫婦では、86.4%が結婚後も同じ県(都)に住んでいる。
 また別の調査で、新居の場所を決める際に重視する点を尋ねたところ、79.0%が「夫の通勤時間/通勤の便の良さ」を挙げ、「妻の通勤時間/通勤の便の良さ」は49.3%だった。結婚後の住まいでは、夫の生活スタイルや仕事を優先する傾向がうかがえた。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120323/303247/

街コンがブームとなっており、東京都内など大都市でも開催されるようになりましたね。
そんな街コンが流行る理由と言うのは、どんな事なのでしょうか?
その一つかもしれないのが、同じ地域に住んでいる人など、近所の人との結婚が多いというデータがありました。
東京都なら68.2パーセント、神奈川県に至っては70.6パーセントととんでもない数字が出ています。
全体的に見ても、結婚前の住所が同じ県・都だったカップルは64.6パーセントという驚異的な数字になっていますね。
確かに家が近かったりすると話が弾みやすく、デートなど会いたい時に会えるという安心感は非常に重要ですね。
それを踏まえた上で街コンという地域に密着している合コンというのは、理にかなっているのかもしれません。
今後も積極的に街コンは開催されると思われますので、こちらも積極的に参加してパートナーを見つけていきましょう。