被災地でも開催された街コン、放射能すら凌駕する恋愛パワー

全国に広がる「街コン」=最大3000人、被災地でも
 地域を盛り上げ、男女の出会いの場をつくりだすために街ぐるみで開催する大規模な合同コンパ「街コン」が全国に広がっている。情報サイトには、これまでに43都道府県計約200カ所の開催情報が掲載され、「復興の力」になるとして、東日本大震災の被災地でも活発に実施されている。
 発祥は宇都宮市。若者をあまり見かけなくなったことに危機感を覚えた地元飲食店のオーナーらが2004年に企画し、170人の男女が参加した。
 街コンの申し込みはインターネットで行うのが一般的で、参加者の多くは25〜35歳。少ないケースでも約100人、大規模なものでは数千人が参加し、複数の飲食店で同時に飲み会を行い、その後別の店を巡る。地元の人の割合が少ないケースも多く、街コンで初めてその街を訪れる人もいるという。
 震災後は被災地でも開催され、昨年7月に初めて実施された福島市では2000人が参加、3回目となる今年1月末には全国最大規模の3000人まで拡大した。「復興」をテーマに掲げるものも多く、福島市の実行委員会の福地雅人委員長(52)は「県外からも500人以上が来て、『復興に協力したい』と言ってくれた。今後もぜひ続けていきたい」と意気込む。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012032800044

宇都宮の街コンが話題になってからというもの、多くの地域で街ぐるみの合コンが開催されていますね。
そんな街コンですが、東日本大震災で被害を受けた被災地でも開催されていたようです。
昨年の7月福島市で開催された街コンには2000人、今年1月の街コンには最大規模の何と3000人が参加するという盛り上がりを見せていました。
放射能汚染で観光客が減ったニュースが多いですが、恋愛や出会いを求めるパワーと震災復興パワーが合わさると、何も怖くなくなるようです。
以前にも書きましたが、被災地のような特別な環境で出会うと、その心理状態からカップルになりやすいです。
宮城などは仙台という大都市があるので、今後観光の一環として毎年開催されるかもしれませんね。