男性に聞いた彼女と別れた些細な理由

他人には「そんなことくらいで!?」と驚かれた別れの理由9パターン
「冷めスイッチ」がどこにあるかは人それぞれ。他人から見たら小さなことでも、それが原因で別れるカップルも多いようです。そこで『スゴレン』男性読者に聞いた「他人には『そんなことくらいで!?』と驚かれた別れの理由9パターン」を紹介します。
【1】ガムをかむときクチャクチャ音を立てる
「どうしても耐えられなかった…」(20代男性)と、女性が食べ物をかんでいるときの「クチャクチャ」という音が生理的にムリだったケースです。自分では気づかずクチャクチャ音を立てる人は意外と多いもの。食べるときしっかり口を閉じているか、一度確認してみましょう。
【2】質問の答えが9割「なんでもいい」
「何をするにも全部俺まかせ。正直疲れた」(20代男性)というように、自分がなく、なんでも彼氏まかせの姿勢に嫌気がさしたパターンです。遠慮して「なんでもいい」と言っていても、男性には「なげやり」と思われたらソンです。ふたりで会話のキャッチボールを楽しみましょう。
【3】自分のことを「私」じゃなくて「サキはー」と名前で言う
「10代でもキツイのに、20才越えてこれは痛い」(20代男性)と、自分のことを名前で呼ぶ女性は「常識がなくて一緒にいて恥ずかしい」と男性に思われるようです。自分を名前で呼ぶ幼さを「かわいい」と感じる男性は意外と少ないようなので、直したほうがいいでしょう。
【4】無断で他人の冷蔵庫の中の物を食べる
「『お前のものは俺のもの』ってジャイアンかよ!?」(20代男性)というように、恋人同士でも節度をわきまえない女性に嫌気がさしたケースです。彼氏に甘えて「これくらいいいでしょ」と安易に考えず、他人の物をもらったり借りたりする場合はきちんと許可を取りましょう。
【5】嫌いな人の悪口をしつこく言う
「他人の悪口を彼女から延々聞かされると『おまえこそ性格悪いよ?』って思う」(10代男性)というように、彼女からいつも悪口を聞かされてウンザリした男性もいるようです。他人を悪く言うと自分の評価も下げる危険があるので、ほどほどにしたほうがいいでしょう。
【6】ワガママな要求を断ると「元彼はやってくれた」と怒る
「『じゃあ元彼とよりを戻せば?』って感じ」(20代男性)というように、元彼と自分を比べて責める女性の無神経さに切れた男性もいるようです。長所短所問わず、元彼と比べられて気持ちのいい男性はいないので、どんなときでも元彼の話はNGだと思ったほうがよさそうです。
【7】不機嫌な理由を聞いても「べつに」とエスパー級の洞察力を求める
「怒ってる理由を聞いても答えないくせに『なんでわからないの?』はない」(20代男性)と、「察して」ばかりでは、男性は参ってしまうようです。どんなに相手を思っても、口にしないと思いは伝わらないものです。自分を理解してもらう努力を怠らないようにしましょう。
【8】酔うと誰にでもベタベタする
「『すぐに浮気しそう』と思い冷めた」(20代男性)というように、「軽い女」は当然ながら彼女として不合格のようです。お酒を飲むとついスキンシップが激しくなるという女性は、彼氏以外の男性も同席する酒の席では、お酒は控える、女性の隣に座るなど工夫してはいかがでしょう。
【9】赤ちゃんを見ると「かわいいー」と言ってたのにじつは子供嫌いだった
「男ウケを計算してる腹黒さに引いた」(20代男性)と、女性の「子供好き」が演技だと分かったとたん冷めたケースです。女性にとっては「かわいく思われたくて」くらいの軽い気持ちでも、嘘や演技はバレると一瞬で男性の信用をなくすこともあるので控えましょう。
ほかにどんな「他人には『そんなことくらいで!?』と驚かれた別れの理由」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
http://girl.sugoren.com/report/entry_1943.php

男性に聞いた、彼女と別れた些細な理由9個がピックアップされていましたが、どうでしょうか当てはまりますか。
ガムのクチャクチャに関しては男性だけでなく、女性も不快感を示しますので仕方ないでしょう。
2番の何でもいいと言うだけでなく、その後あれは嫌だ、これは嫌だとなるのは女性特有ですので、男性はあきらめてください。唯、何でもいいという女性はまだマシな方だと思いますよ。
3番の自分を名前で呼んでしまう人は非常に多いですが、結局言い方の問題でしょうね。浜崎あゆみさんの様な言い方だとムッとされます。
4番はちょっとよく分かりません・・・
5番で答えてる男性が10代という事に驚いてしまった・・・女性同士でいると、つい愚痴っぽくなってしまいますが、男性といる時にまで引きずってしまうのでしょうね。この悪口は両極端で言う人と、言わない人がハッキリと分かれています。できれば言わないに越した事はないですね。
6番の彼女は論外ですね。自分が元彼女はやってくれたと言われてみてください。
7番の女性はちょっと古いですね。察して欲しいと言うのが流行った時期はありましたが、現在それをやると非常に厳しい状況になりますので注意してください。
8番に関しては男性も女性も酔っ払うと仕方ない気もしますが、女性の場合嫉妬させようと企んでいる人もいますので、やはり軽い女なのかもしれません。
9番に関しては、犬や猫などにも言いますよね。カワイー。バッグやファッションもカワイー。口癖なので放って置いて下さい。男受けを狙ってなどいません。勝手に口から出てしまう条件反射です。
非常にマトモな女性でも言ってしまう事があるので、これで別れるのはまだ早い。
上記の理由で別れたわけではなく、彼女への愛情が冷めた瞬間と言った方が良さそうですね。
私も幾つか経験ありますが、確かに相手の反応が変わります。
一度癖になってしまうと、抜け出すのに時間がかかりますので、恋愛時には注意しておかなければいけませんね。