50歳で未婚の生涯未婚率が男性2割を越える増加

生涯未婚の男性、2割を突破…30年で8倍
 50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合である生涯未婚率(2010年時点)は、男性20・1%、女性10・6%と、初めて男性が2割台、女性が1割台に達したことが30日、わかった。
 政府が6月初めに閣議決定する2012年版「子ども・子育て白書」に盛り込まれる。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20120501-OYT8T00128.htm?from=navlk

50歳になって一度も結婚していない生涯未婚率が男女共に増加しているようです。
特に男性は、1980年の30年前と比べると約8倍にもなり、女性は2倍となっています。
少子高齢化、生涯未婚率上昇と考えると、結婚をしなくなったのは今に始まった事ではなさそうですね。
年代別の未婚率を見てみると、下記のようになっています。
25~29歳 男性71・8%、女性60・3%
30~34歳 男性47・3%、女性34・5%
35~39歳 男性35・6%、女性23・1%
原因は何なのでしょうか?
色々な要因があると思いますが、経済状況をあげる人が多いでしょう。
しかし、結婚するとお金がかかると言うのは変な話で、二人で協力する事ができれば独身よりも楽になるのですが、どうも上手く行ってないようですね。