自分に好意がある男性に告白させる方法9パターン

好意がミエミエなのに「好き」と言ってくれない男性の背中を押す一言9パターン
どう考えても自分に気があるのに、男性がハッキリ「好き」と言ってくれないのは、告白するタイミングに迷っているからなのかもしれません。そこで今回はオトメスゴレンの女性読者のみなさんなら、どんな一言で男性の背中を押すのか聞いてみました。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/289470

自分に好意があるというのが分かっており、女性側も相手を好きなのに、何時まで経っても膠着状態というのは結構ありますよね。
そんな時は、女性からも好意のサインを送ることで、男性から告白してきてくれるかもしれません。
男性の背中を押す一言9パターンがあったので紹介します。

  1. 「彼氏欲しいなー」と言って、男性が立候補するのを待つ。
  2. 「私のこと、どう思ってるの?」とストレートに聞く。
  3. 「好きじゃないなら、思わせぶりな態度はやめて」と真剣に伝える。
  4. 「○○なところが好きだよ」と褒めて自信をつけさせる。
  5. 「付き合ってもないのに、二人で会ってていいのかなぁ」と言って焦らせる。
  6. 「私たちってどんな関係なの?」と聞いて、恋人か友達かハッキリさせる。
  7. 「ひょっとして、私のこと嫌い?」と聞いて、男性の反論を待つ。
  8. 「ずっと微妙な関係が続くと不安になるな」と訴える。
  9. 「私は○○君のことが好きだよ」とストレートに告白する。

以上となっていますが、基本的に二人で出掛ける事ができる場合が多いですね。
女性がハッキリと聞くと、男性はドッキリしてちゃんと答えてくれるでしょう。
それでもウジウジしているようならば、ちょっと距離をおいて焦らせた方が良い。
二人で会話するまでいっていない人は、目があったら、とりあえず微笑んで見てください。
それが好意のサインを送る第一歩ですね。