気になる相手から告白させる方法4つ、まずは関係作りが大切

気になる相手からうまいこと告白させるテクニック4つ
今、気になっている男性がいる女性に質問です!
意中の男性と両想いの自信があるものの、「告白すれば80%以上の確率で恋人になれるけど、自分からは怖くてできない!」とひそかに悩んでいませんか?
失敗して今の関係が壊れてしまう危険性を考えると、告白はなかなかできないものですよね。しかし、いつまで経っても進展なし、というのも何だかもどかしいもの。
そんな時、どうすればいいのか……。
答えは簡単! 自分から告白せず、相手から告白させればいいのです! そのために、まずは相手から告白されやすい環境を整えることから始めてみてはいかがでしょうか?
http://www.men-joy.jp/archives/53287

誰だって告白して玉砕するのは怖いですが、告白しないで自然消滅が最も後悔しますよね。
このジレンマが恋愛の醍醐味だったりすのですが、どうせなら恋人になりたいものです。
自分は相手を好きな訳ですから、相手から告白して貰えれば堂々と付き合うことが出来ます。
そんな気になる相手から告白させる方法4つが紹介されていますので、見て行きましょう。
■1:ベースの好意を伝えて、居心地のよさを感じさせる
居心地のよさは、付き合い始めてからも重要なポイントですよね。まず“ベースの好意を伝える”ためには、一体どうすればいいのでしょうか? 木村さんによると、
(1)笑顔を増やし、「そうだね」「わたしも同じ」と同意したり、「いいね」と肯定する好意的なあいづちを打つなど、会話が楽しそうな姿を見せる
(2)相手の好きなもの、こだわっているもの、頑張っているものをほめる
(3)会話の度に名前を呼ぶ。メールにも名前を書く
などが効果的だそうです。確かに、自分と意見が同じであったり自分を認めてくれたりする存在と一緒にいるときは、「居心地がいい」と感じますよね。
■2:一歩進んだ好意を伝えて、自信を持たせる
ステップ2の段階では、少し積極的な言葉や態度で好意を伝えてみましょう。
ポイントは相手に特別感を伝えることや、「一緒にやってみたい」などの願望を伝えること。恋愛観の話をして、相手に自分と恋愛観が同じだと表現することもよいです。
さりげなく、肩に手を触れるなどのソフトボディタッチも効果的とのこと。このぐらいまで行くと、相手との距離はかなり近くなっていそうです。
■3:告白に適したシチュエーションを作る
告白となると、さすがに場所もそれっぽいところで、それっぽい雰囲気で、ってなりますよね。いい大人になって、「真昼間のファーストフード店で告白された!」なんて経験を持つ方は少ないのではないでしょうか。
相手から告白されたいなら、告白に適した場所・雰囲気などの条件を揃えて、勇気を後押しすることも重要です。そんな“告白に最適なシチュエーション”は、恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの木村隆志さんから、
(1)ムードがよく、カップルの多い店に誘う
(2)距離感が近く、腕や足が触れやすい横並びの席に座る
(3)帰り道の途中で、“もう少し話したい”と伝え、少し座って話す
などによって作れる、と教えていただきました。これらは、行ったことのないところだとなかなか難しいので、地の利があるところで作った方がいいかもしれませんね。
■4:それでもダメなら、軽い刺激を与える
前述のステップ3まで来ても告白してくれない場合は、“少し刺激を与えるといい”とのこと。小さな刺激は、以下4つの方法で与えられるそうです。
(1)ヘアースタイルや服のイメージをガラッと変え、彼に見せる
(2)「最近合コンによく誘われる」と伝える
(3)「私に興味がないなら、もう会うのをやめようと思うんだけど」と覚悟を伝える
(4)恋愛話のときに「○○くんって、どういうときに告白するの?」と聞いてしまう
う~ん、これらの中には、なかなかかなり勇気がいりそうな行動もありますね……。しかし、自分の心境を伝えるのは、恋愛以外の人間関係でも重要なこと。
時には、覚悟を決めて、ハッキリさせるのも大切なのかもしれません。
この様なテクニックがあるようですが、最終手段はやはり4番目と言うことになりそうですね。
前回はキッカケ作りのパターンでしたが、今回は関係を築いた上で上記の様な行動をすることになりますので、記事のようにムードや環境と言うのは大切だと思います。
しかし中にはムードのカケラもない、ちょっと行動予測不能な方もいますので、そういった場合は4番を実行するに限るのかもしれません。