男性をその気にさせてしまう女性の社交辞令パターン

男性をうっかりその気にさせてしまった「社交辞令の失敗」9パターン
クラスや職場における人間関係を上手く回すために、恋愛対象ではない男性にも愛想よく振る舞うことはよくあります。しかし、「社交辞令」のボーダーを踏み越えると、相手が勘違いしてしまうことも。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「男性をうっかりその気にさせてしまった『社交辞令の失敗』9パターン」をご紹介します。
http://girl.sugoren.com/report/entry_2473.php

恋愛経験の豊富さに拘らず、恋において勘違いは付きものですね。
女性は社交辞令で言ったのに、男性側は好きサインと勘違いしてしまうパターンが紹介されています。
■社交辞令で勘違いパターン
1『今度飲みに行こうね』の誘いに「二つ返事でOKした」
2 たまたま近くにいた同級生に「食べてるお菓子を分けてあげた」
3 関係の薄い職場の男性に「顔を合わせる度に笑顔で挨拶した」
4 仕事を頑張りすぎている同僚に「体調を気遣った」
5 なんとなく気安いタイプの男性に「ボディタッチを多くした」
6 話が盛り上がりやすい男性の「ツッコミ係になった」
7 人間関係を円滑にするつもりで「褒めすぎた」
8 『好きな人いるんですか?』など「相手の恋愛状況を聞いた」
9 帰り道に偶然出会った知り合いと「何度も一緒に帰った」
読むだけで彼女ができる モテる小説
上記のような女性の受け答えは社交辞令ですので、男性陣は気をつけてください。
これら意見に関しては私は異論はありません。全てアルアルです。
一緒に帰るなんて、学生時代にしたことない男性だったら高確率で勘違いします。餌付けもダメです。
笑顔は好きな人との使い分けを考えてくださいね。
大抵向こうも途中で気づいて後ずさって行きますが、勘違い君はストーカーに発展する可能性もありますので、女性は要注意。