Omiaiアプリ・LINEなどSNSでの恋愛や婚活で守るべき10項目

「SNS婚活」をする際の守るべき10項目
「SNS」で結婚相手を探す「SNS婚活」が広がっている。Facebookなどを使った婚活サイトが登場しているが、個人情報満
載のSNS上での相手探しにはさまざまな危険性が潜んでもいる。
http://bizmakoto.jp/makoto/spv/1301/25/news039.html

Facebookの恋愛や婚活あぷりであるOmiaiやマリカムですが、皆さん利用していますか?
当ブログでは何度か取り上げており、その際幾つか注意点をあげておりますが、守っていますでしょうか?
Omiaiやマリカム、そしてLINEなどSNS婚活・恋愛をする際に守るべき10項目があるので見て行きましょう。

  1. SNSの情報は常に閲覧せれている事を意識して利用する
  2. SNSで公開範囲を限定し、情報を全ての人に公開することを避ける
  3. SNSで知らない人とむやみに「友達」にならない
  4. SNSでは、知っている人でも真偽を確認してから「友達」になる
  5. 投稿した内容や写真の位置情報から住所が特定できる事を理解する
  6. 自宅周辺に関する情報は控える
  7. 実際に会うことになり、名刺を交換する際はプライベート用の名刺を利用する
  8. 相手の連絡を拒否する場合は、SNSのブラックリストを利用する
  9. ストーカー被害を受けた場合は警察に届ける
  10. 会社など所属組織のSNSガイドラインを守る

Omiaiアプリやマリカム、そしてLINEやmixiで恋愛や婚活する人は必ず守ってくださいね。
Facebook婚活アプリOmiai
Facebookでの恋人探しには、他にこう言ったサービスもあります。
ペアーズ
まずFacebookなどの公開設定やセキュリティ設定を知ることから始まり、会う時の名刺や自己紹介カードにも工夫が必要です。
ストーカー被害の場合、警察に届けても以前の事件の様に住所指名をバラされれる可能性もありますので、同時に両親・友達、そして弁護士や自治体の迷惑防止チームなどの利用をしてください。
なぜここまでするか?
OmiaiアプリやLINEなどは手軽に恋愛や婚活が出来ると人気ですが、ここまで会員数が増加すると少なからずトラブルを巻き起こす輩が存在します。
運営側も対処しますが、被害にあってからでは遅いですし、ましてや安心して利用するには厳守してください。
Omiaiアプリは12万人のユーザーとなっており、そこらの大手結婚相談所の会員全て合わせても上回る勢いです。
LINEは言わずもがな、桁が違います。ましてやLINEは出会い系サイトではありませんし、警告もしています。
上記の事を守って相手が怒る様であれば、その人はストーカーになる可能性があるので要注意です。
これは女性に限らず男性も被害に会いますので、絶対に守ってくださいね。