柴咲コウさんが独身一人暮らしの寂しさに共感、

柴咲コウ、独身ひとり暮らしの主人公のもの悲しさは「日々、私も感じてるもの」
映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』が3月2日(土)に公開を迎え、主演の柴咲コウを始め、真木よう子、寺島しのぶ、染谷将太、井浦新、御法川修監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。
柴咲さんは自身が演じたすーちゃんについて「私もひとり暮らしで結婚もしてない。写真館でまいちゃんと会ってひとりで帰るすーちゃんの気持ちは痛いほど分かりました。一人分にカットされた野菜を見つめるもの悲しさは日々、私も感じているもの」と共感を口にする。
http://s.cinemacafe.net/article/2013/03/03/15773.html

映画の公開に合わせて柴咲コウさんの結婚観に対するコメントが多くなってますね。
今度は映画で演じた独身一人暮らしの寂しさに共感できると述べています。
柴咲コウさんも結婚していませんので、仕事帰りや、友達と遊んだ帰り道、一人分の食事や野菜などを見つめていると寂しさが込み上げてくる。
共演の真木よう子さん、寺島しのぶさんは結婚して子供もいらっしゃいますので、余計そう思ったのかもしれません。
特に今の時期は、季節の変わり目で、しかも別れと出会いの季節の春となりますので恋愛感情は高ぶりますね。
時にはそういった自然な感情に任せても良いと思います。