ブライダルファッションデザイナーの桂由美、仕事激減で芸能界へクレーム

桂由美さん“ナシ婚”ブームに嘆き「芸能界ひどいと思いません?」
 モデルの大石参月(26)が6日、東京・南青山の桂由美ブライダルハウスで結婚発表会見を行った。お相手は、大石が17歳から付き合い、交際10年になる一般男性。誕生日である3月22日に婚姻届を提出し、4月にハワイ挙式、6月には地元の浜松で披露宴を行うことを発表し、そのプロデュースをブライダルファッションデザイナーの桂由美さんが手がけることになった。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/06/kiji/K20150206009761630.html

ウェディングドレスなどを手掛けるブライダルファッションデザイナーの桂由美さん。
近年の結婚式を挙げない地味婚やナシ婚で仕事が激減しているとか。
結婚する人も減っており、今後も非常に厳しいかも知れませんね。
そんな桂由美さん、
「ちょっと、芸能界ひどいと思いません?」
「大石さんの前は(芸能界で)誰だったかと見てみたら、去年の2月のロンブーの(田村)淳さんだった」
「芸能人の方が(結婚式を)やらないと一般の方もまねをする」
「婚姻率が低下し、ナシ婚がブーム」
「もうお手上げ」
と芸能界へクレームする程です。
しかし先日は桂由美さんのデザイナー活動50周年ショーが開催され、ちょっとした話題に。
桂由美さん:50周年ショー ウエディング姿で太田光夫婦
http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000m040046000c.html
爆笑問題の太田光夫妻は桂由美さんデザインのドレスで着飾り初の結婚式となりました。