世界トップのスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンがファッションショーのランウェイ引退

世界一稼ぐスーパーモデルとしても知られるジゼル・ブンチェンですが、ファッションショーのランウェイを引退しました。
若い頃から有名だったのですが、もう34歳だったのですね・・・子供も2人いますし。以前から引退の噂は有りましたね。
ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイモデルとしても有名ですので、こちらでご存知の方も居るかも知れませんね。そういえば、ミランダ・カーもヴィクトリアズ・シークレット引退しましたね。
引退となったファッションショーには、NFL元スター選手で旦那のトム・ブレイディも居たそうです。
ジゼル・ブンチェンの稼ぎが凄過ぎですので、トム・ブレイディは最も稼ぐヒモとか言われていましたが、結構仲良いですよね。
ジゼル・ブンチェンの偉大な部分は、それまでのモデルイメージをがらりと変えた事。
要は最近問題視されている病的なモデルが主流だった当時、健康的で日焼けした肌、そしてご存知の通りムチムチスタイルですね。アドリアナ・リマと同様にブラジル出身モデルが主流となった感じ。しかも、そこまで美形と言う訳でも無い。
完全に引退する訳では有りませんので、働く女性として今後も何らかの情報を発信していくでしょうね。