30代婚活女性の勘違いしやすい間違った自分の評価

自分を「過大評価」しがち!? 30代婚活女子が陥る3つの間違い
http://news.livedoor.com/article/detail/11172691/
30代や40代から婚活を始める方は結構多いのですが、意外と自分はモテると思っている女性は多いです。
いや、モテるとは思ってはいないのかも知れませんが、自己評価は総じて高い。
記事では30代婚活女性が勘違いしている間違い3つが紹介されています。

1. 自分の市場価値の過大評価
仕事ができて美容への意識も高い、一見100点の女性でも、男性は結婚相手に癒やしを求めているため、婚活市場では30点になってしまうという場合がよくある。
2. 相手の市場価値の過小評価
女性が男性に求める平均年収で一番割合が多いのは「600万円以上(39.2%)」だが、実際に600万円以上稼いでいる25歳~30歳の男性はわずか「3.5%」という調査結果がある。このように、30代女子が「普通」と思っている男性が、実は市場では平均のはるか上という場合が多いのだ。
3. 狙うべき男性層の見誤り
30代女子が「普通」と考える同世代の男性は、次々売れて市場から減っていく一方。そのため、不特定多数との出会いの場より、きちんと出会いたい人に出会えるチャンスを狙い、その機会を逃さないようにしなければならない。

この様な間違いとなっていますが、1はあまり有りませんが、2と3に当てはまる30代婚活女性は気を付けなければなりません。
男性の年収に拘るあまり、自分の年収を見ていないので全く相手にされません。依存する気が丸見えですので、そういった欲望は隠しておきましょう。婚活パーティーでもイキナリ年収いくらですか?から会話を始める女性がいらっしゃいますが、失礼ですよ!
そして、その理想の男性がいつか現れると勘違いをし始めたら終了。いつか…いつか…と言っている間に次々と周囲の30代婚活女性が結婚していくのを見る事になります。
ふんっ!あんな低年収の男性となんて直ぐ離婚するわよ!と心の中で思っているが、10年後、20年後になっても離婚せず、逆に子供も生まれて、ささやかな幸せな家庭を築いているのを見る事になります。
『30代婚活女性』と言う事をスッカリ忘れてしまっているのですよねぇ。
婚活パーティーや街コンでは声をかけてくる男性が多くなりますので、モテてている、まだいけると勘違いをしてしまうのです。そこは『婚活パーティー』だと言う事も忘れてしまい、夢見る女子学生に戻ってしまうのです。
更に、結婚相談所で紹介される何人もの男性にNGを出して優越感に浸るだけの人生となります。
そうなりたくなかったら、現実を見つめ直して、新たな気持ちで婚活をしましょう。