若い女性はネットでの出会い系に抵抗が無い?

なぜ今の女性は“出会い系”に抵抗がないのか?
 最近の女性の多くが「出会い系」に抵抗を持っていないことに驚いています。
 会社の若いコはナントカという出会い系アプリで知り合った男と夜ご飯を食べると話すと、それを聞いた同僚が「私もやってる」という具合です。それも、結構いろんな男性と会っては食事をしているようです。一昔前の出会い系は犯罪の温床のようなものだった気がします。それ以前に、出会い系は人間関係の貧困さを象徴しているような気がしてなりません。ネット社会ではもはや当たり前と言われればそれまでですが、娘に「出会い系をやっている」などと言われたら、卒倒してしまいそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/11344286/

若い女性は出会い系に抵抗が無いと書かれていますけど、実際にニュースなどでも出会い系サイトやアプリを通じて知り合ったなどと言われていますよね。
しかも10代の若い女子が殆どですから、ある種サクラじゃなかったんだ・・・と言う人もいるからも知れません。
いや、そんな話じゃなくて、現代はネット社会ですから、ネットでの出会いは本当に多くなっています。何度かネットで出会ったカップルが結婚までしたニュースも有りましたね。
例えば、
【pairs】Facebookで恋活・婚活
Facebook恋愛アプリOmiai
pairsやOmiaiなどが一気に話題となって登録者も急増した事が記憶に新しいです。
最近ではゼクシィもFacebookでの恋活や婚活アプリを開始しています。
ゼクシィ恋結び
FacebookなどSNSの投稿は恋愛と合っている理由は以下の通り。
FacebookなどSNSへの投稿はドーパミン分泌で快感になるようです
最初の記事にも書かれていますが、気持ち良くなってしまうのですよね。しかも相手も褒めてくれるので更に気分が上がって恋愛に結びつきやすいと言う理論・・・かな?
ただ上記Facebook利用の恋活・婚活アプリは本人認証などシッカリしていますから安全です。
では何故10代の若い女子達は上記のアプリを利用しないのか?と言うと、若過ぎるから。
ペアーズもOmiaiも18歳以上ですし、年齢認証も結構厳しくしていますから。
だけど出会いたい!と考えたあげく怪しいいわゆる出会い系サイトに登録してしまうのですよねぇ。怪しい出会い系で無くともLINEも有りますからねぇ・・・
しかも前述の通り気持ち良くなっちゃってしまい依存する事になってしまうのです。防ぐ手段は・・・今のところ思いつかないです・・・