日本の30~50代独身中高年男性は自分は不幸だと考えている

日本の中高年独身男性「不幸率43.5%」に議論勃発
「Newsweek日本版」に5月24日付けで掲載された記事「未婚男性の『不幸』感が突出して高い日本社会」がネット上で様々な議論を巻き起こしている。焦点となったのは、「未婚男性は本当に不幸なのか?」という点だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/11583664/

Newsweek日本版で未婚男性の『不幸』感が突出して高い日本社会と言う記事があったそうです。
第6回世界価値観調査を基準に、日本、アメリカ、韓国、ドイツ、スウェーデンの5カ国で、30~50代の中高年男女の不幸感を既婚者と未婚者で比較した記事。
その中で、日本の30~50代独身中高年男性43.5%は自分は不幸だと考えている事になりました。
ドイツが2位ですが、それでも20%程度となっており、日本人未婚中高年男性の不幸度が際立ってしまっています。
様々な意見が有る様ですが、こういった結果を見ても結婚イコール悪と言う人が意外に多いのが驚きます。
一度も結婚しないで結婚は嫌だ!と言う方は、一体何がそうさせているのでしょうかね?
むしろ離婚している男性の方が再婚に積極だったりしますし、私には良く分からない。
結婚したいけど出会いが無い!と言う方は以下のページを参考にして見てください。
ネット婚活・ネット恋愛、街コン・婚活パーティー、結婚相談所の一覧ページ
一般的なお見合い結婚が少なくなった事が婚姻率の低下を招いたと思われますが、結局恋愛すらしていない人が増加しており、それが不幸度を高めているのかも知れませんよ?まずは恋愛・結婚してから考えて見ませんか?