ボージョレ・ヌーボー2016はソフトな口当たりで飲みやすい

今年はソフトな口当たり=ボージョレ輸入最盛期-成田空港
 17日の解禁日を前に、ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の輸入が最盛期を迎えている。成田空港では1日、東京税関の職員が通関前の点検作業に追われた。
 輸入商社「コルドンヴェール」(東京)の山内浩晶社長によると、産地フランスは今夏、天候不順に悩まされたが、ボージョレ地方では9月に好天に恵まれたため、まずまずの仕上がり。アルコール度は低め、ソフトな口当たりで飲みやすいのが今年の特徴で、山内社長は「キノコなど秋の味覚とともにお楽しみいただけると思う」と話している。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110100586&g=soc

2016年も11月に入り、恒例となったボージョレ・ヌーボー解禁日が近づいて来ました。
2016年のボージョレ・ヌーボー解禁日は11月17日です。
フランスも天候不順だったがボージョレ地方は好天だったので、ボージョレ・ヌーボー2016も良い仕上がりとなっており、ソフトな口当たりで飲みやすいとの事です。寒暖の差が大きくブドウの甘みが増し、発酵させる期間が短かったのでアルコール度数がやや低いのが特徴と説明しています。
ワインは他の酒類に比べて日本では飲まれていますが、ボージョレ・ヌーボーも最盛期よりは減少しています。と言っても86万本輸入予定。
解禁日のイベントもマダやったいますし、ボージョレ・ヌーボーの試飲会やパーティーイベントも何気に多いです。
もちろんボージョレ・ヌーボー合コンやボージョレ・ヌーボー街コンなどボージョレ・ヌーボー関連の恋活イベントも満載となりますから、この時期は本当に楽しくなりますよぉ。
美味しい秋の味覚を食べながらボージョレ・ヌーボーを飲んで、ほろ酔い気分で合コンとか・・・想像するだけで良く無いですか?
ネット婚活・ネット恋愛、街コン・婚活パーティー、結婚相談所の一覧ページ

http://luv.wp.xdomain.jp/archives/68540997.html
やっぱり秋から冬にかけて一人で居るのは寂しい気持ちになってしまいますから、上記ページで気軽にイベントに参加をしてみましょうね。