恋愛が冷めてしまうLINEメッセージ

2016年11月6日

男性の気持ちが冷めてしまうLINEメッセージの特徴3つ
今回は、僕の提唱する「恋愛リスクマネージメント」の観点から、男が冷めてしまう女性のLINEの特徴について紹介します。
http://woman.infoseek.co.jp/news/love/joshispa_20161106_00609397

恋愛が冷めてしまう瞬間と言う記事が人気となっていますが、そんなに恋愛が冷めてしまった人が多いのでしょうか?
恋愛が冷めてしまう瞬間
冬は体も冷えてしまいますから、恋愛は冷めない様にしたいところ。
さて、今度は恋愛が冷めてしまうLINEメッセージが紹介されていました。
レスが遅い
「なかなかこの子、既読にならない」「既読になっても返信ない」みたいな女性がいたら要注意。
キャラに合わない文脈、スタンプ
 実際の会ったときの印象と、全く違うLINEの文章、スタンプを送る子がいます。見た目、しゃべった感じはカチッとしているのに、LINEは若干おバカな感じ。これも、意外と男は冷めてしまいます。
YES or Noで返信できないLINE
基本、モテる男=仕事が忙しい=時間がないと思ってください。例えば「今、暇だからスタバでお茶してま~す」みたいなLINEを送っても、男からすると「で……?」と頭「パッカーン」状態に。たまにはいいですが、そんなLINEを多発してしまうと、男からのレスもすぐになくなります。そういうときは、「一緒にお茶しませんか?」と聞きましょう。
この様なLINEのやり取りでは恋愛が冷めてしまうらしいです。
レスが遅いのは焦らしの恋愛テクニックなのか分かりませんが、これは確かに冷めると思われます。LINEはリアルタイムのダイレクト感が受けた訳で、時間差で答えられても相手の中では既に終わっていたりします。なるべく話題の熱が冷めない内に返信する様心がけて見ましょう。
キャラに合っていない文章やスタンプも、ギャップの恋愛テクニックなのかも?これは特に気にする必要は無いと思います。素の自分をさらけ出している感じにキュンとくる人もいるでしょう。むしろ、そんな事くらいで冷める奴はコッチから願い下げ。
最後は面倒臭い文章を送ってくる人と言う事です。自分から誘う事が出来ない人がよく使います。最初の内は可愛いやつだと思われますが、頻繁になると確かに面倒臭くなりそうですね。
LINEに対する意識も年代によって異なりますから、年の差がある相手とのLINEのやりとりは気を付けた方が良いです。