2017年も婚活市場は堅調に推移すると予測されています

「婚活関連サービス市場予測2017」 2016 年度の婚活関連サービス市場を総括し、2017年度を予測
2016年も婚活関連サービス市場では、各企業、行政機関および地方自治体によるさまざまな活動があり、新しいサービスが展開されてきました。恋愛・婚活に勝つための情報サイト 愛カツと恋愛結婚学研究所との共同で、2016年度の婚活・恋愛関連市場の総括と2017年の予測をいたしましたので、ご報告します。
http://www.sankei.com/economy/news/161130/prl1611300017-n1.html

2016年の婚活市場は各社の業績でわかる通り非常に堅調に推移しています。
先月にも書きましたが、婚活サービス会社はもとより、他業界からの参入が相次いでおり、かなりの婚活戦国時代となっています。
さて、そんな好調な婚活市場ですが、来年2017年も堅調に推移すると予測されています。
少子晩婚化、草食系男子、彼女彼氏いない若者、恋愛に興味無しなど色々と言われていますが、実際には結婚相談所も婚活パーティーも恋愛アプリも大盛況と言う現実・・・
会員数まで増えており、結局みんな恋愛も結婚もしたいのです。生物として間違っていませんのでそれで良いと思います。
恋活や婚活と一緒に妊活まで考えちゃう人もいらっしゃいますが、これは全くの別物と捉えておかないと精神的に疲れちゃいますよ。結婚したら子供が生まれる訳では有りません。一気にそこ迄考えるのは無意味です。だから何時迄も恋人すら出来ないのです。
最近では皆さん恋活や婚活の楽しみ方を分かっており、外見や年齢、年収に拘りも無くなり始めていますよね。一部の特異な男女を取り上げてマスコミは面白がっていますが、企業業績が良い事からも分かる通り特異な人はマイノリティなのです。
もうひとつ言うと、年収に拘りが強いのは婚活女性と思われがちですが、実際には逆で婚活男性の方が年収に拘りが強いです。
確かに公務員婚活パーティーでは特異な女性も参加しているでしょうけど、結婚相談所の婚活女性の年収は高いのです。
良く婚活詐欺で逮捕されるニュースが有りますが、ほぼ女性が男性にお金を貢いでいますよね?それが全てを示しています。
ネット婚活・ネット恋愛、街コン・婚活パーティー、結婚相談所の一覧ページ
男性も女性も多いに恋活や婚活を楽しめる時代にしましょう。