婚活サービスが人気なのに結婚しない人が増える矛盾

世の中、結婚しない男女が増えていると言うニュースが多いですが、ここ最近の婚活サービスは最盛期とも言える程の盛況ぶりです。
従来のお見合い型結婚相談所、スマホで簡単に出会える恋愛マッチングアプリやネット恋活サービス、そして同じ趣味同士で出会える街コンや婚活パーティーなど、何れも人気となっています。
これだけ恋愛や結婚をしたい人達がいる一方で結婚離れとは・・・どうもおかしいですよね。
先日は楽天オーネットが年間成婚者数1万人を突破したニュースが有りました。
楽天オーネットが年間成婚者数1万人突破!新規入会特典の記念キャンペーンスタート
楽天オーネットに限らず、国内結婚組数に占める婚活サービス利用者は年々多くなっています。
それだけ婚活サービス各社は成果を出しており、世の中の結婚離れとは真逆の空気ですね。
更に、恋愛マッチングアプリPairsが全アプリの中でも上位となっていましたよね。
ペアーズ会員数500万人突破し台湾でも好調、韓国・香港・シンガポール版を年内にリリース予定
彼氏彼女いない歴イコール年齢など、恋愛経験が無い男女が増加!とされていますが、恋愛マッチングアプリの殆どが上手く行っている事実・・・誰が恋愛離れだ!っていう感じです。
世間で言うオタク男女ですら恋愛したいと必死になっていますよね。怪しげな恋愛塾とか通ってしまう男女が多いコト多いコト・・・まぁそれはそれで何らかの足しになれば良いと思いますが・・・
話を戻しますが、結局のところメディアで大々的に性的経験が無い男女が非常に多い!と煽るコトによって自分もそれで良いと有る種洗脳されてませんか?結婚しない男女が多い!と方々で報道される事で刷り込まれていませんか?
婚活サービスで出会って逮捕のニュースは良く有りますが、婚活サービスで出会って結婚した人の方が多いのに、そちらは殆ど報道されません。やたら婚活サービスを貶める様な報道が多いのは事実だと思いませんか?まるで婚活サービス自体が悪者にされている様に聞こえます。
そんな風に迫害されても過去最高レベルに最盛期を迎えている婚活サービス・・・何気にすごく無いですか?金融危機で多くの有名な企業や銀行迄潰れたのに生き残っている婚活サービス各社・・・何気に凄く無いですか?
最近では無視出来なくなり、婚活で地方活性化として報道するパターンが多くなっています。
下記ページに有る様に老舗から新興企業まで取り揃っていますよね。
ネット婚活・ネット恋愛、街コン・婚活パーティー、結婚相談所の一覧ページ
面白い事に、金融危機以前には人が集まらないよぉぉぉと言っていた婚活各社。何故か金融危機以降から人が集まる様になっています。
金融危機以降何が有ったかを振り返ると、恋愛や結婚に必要なのは何かが意外と分かります。
統計ですら矛盾している訳ですから、評判や口コミ、噂に流されない様にして下さいね。