なかなか廃れないカーゴパンツ、MA-1人気でまたもや人気アイテムに

ミリタリーファッションは結構昔から有りますが、なかなか廃れないのがカーゴパンツ。
男女ともに気軽に履けるパンツとして現在も人気ですよね。
しかも、ここ数年再度MA-1がファッションに取り入れられミリタリーファッションではなく、ちょいミリタリー風ファッションが流行ってカーゴパンツも見直された感じがあります。
以前はカラーも緑や黒、迷彩と言った定番のみでしたが、最近のカーゴパンツは種類も豊富で確かにオシャレと感じます。
海外でもカニエ・ウエストがカーゴパンツを良く履いており、一着は持っておきたいパンツとなっています。
ただカニエ・ウエストは何着ても似合う感じですから、日本人の体型でカニエ・ウエストのカーゴパンツコーディネートを真似すると逆にダサく感じます。
でも良く良く見るとカニエ・ウエストもカーゴパンツの時はテキトーなコーディネートをしていますので、特に気にしていないのかも?
傾向としては昔はダボっとしたシルエットが好まれていますが、今はシュッとスリムなシルエットが多いです。
トップスも変にゴテゴテせずにシンプルなシルエットを合わせており、ウーン、やっぱりオシャレですねぇカニエさん。
ガタイが良い方はカニエ・ウエストを参考にするとして、日本人に多い痩せ型の体型の方はジャスティン・ビーバーを参考にした方が良いでしょう。
身長や体重も日本人と似たような感じのジャスティン・ビーバーもカーゴパンツを何本も持っており、傾向としてはサルエルタイプに長めのTシャツを合わせてキャップを被るコーディネートが多いです。
カニエさんは足元がゴツいブーツやハイカットスニーカーの時が有りますが、ジャスティン・ビーバーはローカットスニーカーが殆どですね。
オタク達がカーゴパンツを好んで履いている時代が有りましたが、オタク達の着こなしはチョット古いのですよね。髪型や体型も何も考えていないのでダサく見えてしまいます。
チェックシャツやカーゴパンツがダサいのでは無く、スタイリングや着こなしがダサいのです。
全体的なシルエットを逆二等辺三角形にしていけば良いでしょう。
さて、カーゴパンツは何も男性だけの物では無く、女性にもカーゴパンツは人気のファッションアイテムです。
女性向けとしてはスキニータイプのカーゴパンツが主流ですが、スキニータイプはシルエットに拘って選ばないと酷いコトになりますので注意が必要です。
カーゴパンツはご存知の通り太腿の横辺りに大きめのポケットが付いています。
このポケットを有効活用するかしないかでコーディネートに差が出てきます。
腰周りや太腿に厚みを持たせて、足元をキュッとスリムにコーディネートをすると、あら不思議。くびれや脚長効果がハッキリと。カーゴパンツの素材もストレッチタイプを選ぶと良いでしょう。
ただ、このコーディネートを太っている方がすると・・・より太い事が強調されてしまいます。
ちょっと太い方はルーズタイプのシルエットを選ぶと思いますが・・・これも野暮ったいです。
ちょいサルエルタイプの方が太めの方には似合いますので、一度サルエルタイプを試着して見てください。
トップスはメンズと同じ様にシンプルな方が似合います。
セレブも好むヨガパンツ、シームレスショーツと合わせてスポーツ系ファッションが人気でオススメの季節
上記のヨガパンツも同様のコーディネートが似合いますから、ヨガパンツとカーゴパンツは1着は持っておきたいですね。
何度も言いますが素材と機能性が非常に重要です。
特に身体にフィットするパンツを着る場合は寄り素材と機能性を考えないと、ただの変態になる可能性が有りますので注意して下さいね。