SNSで告白しSNSで別れる若者も多いが、やはり直接会って告白し直接会って別れる方が多い

SNSで「告白」「別れ」を告げる若者が2倍以上に iPhone登場から10年、SNSが変えた恋愛シーン
Vol.88 QOM総研 「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査
 成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは、25~29歳の独身男女270人と35~39歳の独身男女270人に対して「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査を実施いたしました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000243.000006313.html

パートナーエージェントがSNSでの恋愛について調査を行った結果、SNSを恋愛に利用するパターンが10年前より格段に増えたとされています。10年前ですからね・・・そりゃ増えるでしょ・・・
しかし、よく見ると10年間と言う長い期間が有りながら予想よりも増えていない。
SNSで出会い、SNSで告白し、SNSで別れを告げる人よりも、直接出会い、直接告白し、直接別れを告げる人の方が圧倒的に多い。
SNSは本来の機能で有る連絡ツールとして利用する人が増加しています。
と言うのも25~29歳、35~39歳の独身男女を対象としていますから、何も考えていない10代や20代学生では有りません。社会人としてとてもシッカリしており良いですね。
この方々も少し前まで多分SNSで何でもかんでも済ましていたと思いますが、25歳になってまでもSNSで、ゥチのことぉすきぃ?ぅちは、だぁいすきぃとか想像するだけで怖い。