モデルの写真を加工したら『修正済み』マークを義務付ける法律が施行開始

商業写真でモデルの体型を加工したら…フランスで新法律が施行
商業写真のモデルの体型を、フォトショップなどの写真加工ソフトを用いて修正した場合に、「photographie retouchée(修正写真)」というマークをつけることを義務付ける法律が、フランスで施行された。体型を細くしたり、肉付けしたりといった加工に適用される。「France24」など複数のメディアが報じた。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/02/modified-picture-label_a_23229259/

痩せすぎモデル問題で、フランスでは規制ができ、ケリングとLVMHも独自の憲章をつくりましたよね。
ムチムチでもポッチャリでも無いカーヴィー体型、アシュリー・グラハム、イスクラ・ローレンス、エイミー・シューマー、ビヨンセ、セリーナ・ウィリアムズ
http://luv.wp.xdomain.jp/archives/68670662.html
その関連でモデルの商業写真を加工した場合、『写真を修正済み』と言うマークを付ける事を義務付ける法律が施行開始となりました。この法律に違反した場合、最大で約500万円の罰金となります。
こうやって法律で裁かないとダメな所まで行ってしまっている時点で相当不味い状況である事が分かりますね。