田中理恵も浅尾美和も告白待ちを辞めて自ら告白しているのに・・・

元体操選手で五輪に出場し一躍美人アスリートとして人気となった田中理恵さん。
いまや2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会理事と言う体操な?大層な肩書きとなっています。
今年は元日結婚から妊娠発表、来年は出産を控え何気に激動の2017年度ですね。
そんな田中理恵さんですが、旦那さんとの経緯に関して番組で語っていました。
出会ったのは友人に誘われた食事会と言う名の合コンで、当初旦那さんは全く田中理恵さんに興味を示していない風で、それが田中理恵さんは気になってしまったそうです。
そして、田中理恵さんから好きだと言うことを告白するのですが、大安じゃないと言う理由で一度断られ、その後向こうから大安じゃない日に告白されたとのこと。
このエピソードは前回投稿の矢本悠馬さんと共通点が多く、田中理恵さんの旦那さんは完全に中2病です。
矢本悠馬は柴咲コウと付き合いてーが広瀬すずのパンツは見ても興奮しない!ドヤァ!
http://luv.wp.xdomain.jp/archives/68690625.html
興味がない風に装う事は思いっきり興味があるの裏返しであり、一度告白を断るのも完全に中2病です。
田中理恵さんは多分知っていたと思いますから、この様な結果となっている訳ですね。
旦那さんは自分が主導権を握ってるぜーと思っていそうですが、バレバレすぎて・・・まぁそういう事です。
さて、美人アスリートで自分から告白したと言えば、元ビーチバレー選手の浅尾美和さんもそうですね。
浅尾美和さんが自分から告白して恋人になった事を明かす
http://luv.wp.xdomain.jp/archives/67806927.html
何と!面白い事に浅尾美和さんも告白して一度断られているのですよね。
しかし、浅尾美和さんの旦那さんは中2病ではありません。この違い分かりますか?
浅尾美和さんの旦那さんは元々浅尾さんのヘアスタイルをしてくれていた美容師さんです。
そうです、浅尾さんはお客様だったのですよねぇ。
このお客さんと店員さんの関係から恋愛関係になるのは双方ともに決断力がないと難しいですから、単なる中2病で断った訳では無いのです。
店員と常連客の恋愛は店員側から声をかけなければ始まらない
http://luv.wp.xdomain.jp/archives/68462520.html
上記の通り常連さんのお客さんとの恋愛は店員さん側が頑張らなくては成立しない場合が多く、浅尾美和さんの例を見ても分かる通り、美容師である店員さん側から再告白して現在の関係となっている訳です。
田中理恵さんや浅尾美和さんレベルの美人でも自ら告白すると言うのに・・・
草食男子と草食女子では・・・まず無理です。相手が中2病なら尚更のことです。
中2病は男性だけのものではなく、中2女子病も有ります。
自分から好意を示す事ができない男女は基本的にナルシストで有りプライドが高く、俺様私様に早く告白しなさい!と言う心理です。要は告白をした方が下として見ているのです。
ですから中2病を長期間患ってしまうと・・・まぁそういう事です。