ノーベル経済学賞受賞者が教える独身者の最適な結婚相手の見つけ方

ノーベル医学・生理学賞に山中教授が選ばれ話題となりましたが、ノーベル経済学賞にはカリフォルニア大学ロイド・シャプレー名誉教授と、ハーバード大学アルビン・ロス教授に与えられました。
この二人のノーベル賞教授のテーマの1つには、独身者の最適なパートナー選びと言うものがあります。
経済学者であり数学者でもあるシャプレー教授とロス教授は、受け入れ保留理論を用いて、自分にあった恋人選びの方法を研究しているそうです。
現在恋人選びをする企画であるのは、カップルになった男女から抜けていきますが、この二人の方法はちょっと違います。
まず第一ラウンドで自分が好みの人にプロポーズをして、複数からの場合は一人を選び、単独の場合はその人を受け入れる。
誰からも告白されない人は、次のラウンドまで待つ。
第二ラウンドに入りますが、カップル成立しても抜けることはなく、再度参加していきます。
告白を断られた人も、成立した人も、誰からもされなかった人も参加していきます。
そして第一ラウンド同様に気に入った人に告白をしていくという手法。
その際、たとえ誰かの告白を受け入れたとしても、新たな人を選んでも良く、その場合最初の婚約は破棄されます。
そうやって回数を重ねていくと、最終的に自分にとって最高のパートナーと結ばれるという結果になるとの事です。
しかし、これには平等性がなく、男性からの告白にすると男性有利に、女性からの告白にすると女性有利となってしまう点があるようですね。
とは言え二人の教授は、この手法によって常に安定したマッチングが出来ることを数学的に証明できたと述べています。
成る程、これは婚活パーティーで有りがちなカップリングを根本から覆してしまっています・・・
現状ツインキュや、Facebook恋愛・婚活アプリであるOmiaiなどSNSでの恋人探しが人気ですが、こういった側面があるからなのかもしれません。
omiai
TwinCue
そして最適な相手を探すには自ら積極的に告白していけば良いという結論にいたりますね。
告白してダメなら次へ移るのは、意外とあっているようですが、何と言うか合理的で海外のやり方はシンプルですね。
これが日本で通用するかどうかは不明ですので、ご注意を。ただ自ら積極的に告白するのは同意します。
なぜならそれがなければ、何も始まりませんから・・・頑張りましょう。