話さなくても分かる、好意があるかの心理テスト

相手に質問しなくても相手から好かれているかわかる心理テスト
筆者は、小さい頃から心理テストが好きで友達や家族を相手によく行なっていました。そんな筆者が、明日にでもできる簡単な心理テストをご紹介いたします。
必要な道具や材料は一切ありません。自分と、心理が知りたい相手がいればすぐできます。
http://nanapi.jp/87716/

質問して脈ありか好意があるのかを判断する方法が色々とありますが、今回は質問なんてしないで出来る恋愛心理テスト。
紙とペンなど道具すら必要ない、自分と相手が居れば出来るので適当にやってみても面白そうですね。

その1:「相手にさりげなく近づいてみる」テスト
相手にさりげなく近づき、自分から離れたか離れなかったかによって相手が心を許している度合いがわかります。
=結果=
離れなかった:相手は心を許しています
離れた:相手は心を許していません
人には「パーソナルスペース」というものが存在します。自分の目には見えない縄張りのようなものです。パーソナルスペース一覧は下記の通りです。
恋人・家族など親しい間柄……半径45cm以内
友人知人など個人的に親しい間柄で……半径45~100cm以内
クラスメート・同僚など社会的交友関係……半径100~200cm以内
その他の交友関係……半径200~300cm以内
その2:「目が合うまで相手に視線を向けてみる」テスト
目が合うまで相手に視線を向けます。目が合った時、相手が視線を上と下どちらに向けるかで、相手の自分に対する好意をはかります。
=結果=
目が合った時にうつむいて視線を下に向けた場合 :「好意を持っている」もしくは「気になっている」です。
視線を上に向けた場合、上や横に向いた場合:「興味がない」「何とも思っていない」「嫌悪感がある」です。
心理とは、無意識の中に現れるものです。普段「キライではない」と思っていても深層心理では反射的に身体が動きます。また、視線でも心理があらわれます。人は興味を示しているものに自然と視線を向けます。

こんな感じとなっていますので、あくまでも目安として遊んで見るのが良いと思います。