店員と客の恋愛は店員側から声をかけなければ始まらない

2015年10月19日

客が店員を好きになってしまった恋愛相談も多いですが、店員が客を好きになってしまった恋愛相談も多いです。

コンビニやカフェなどの接客業をしている方からが多く、男性店員と女性店員に関係なく客に好意を抱いた方は多いです。

一回しか店に来たことない客に一目惚れは殆どなく、同じ一目惚れでも何度も店に来てくれる常連客を好きになるパターンが多いです。

客が店員を好きになった場合と、店員が客を好きになった場合は、異なる状況ではあるものの基本的に店員側が声をかけてこなければ恋愛に発展する事はありません。

客が店員を好きになった場合と、店員が客を好きになった場合のどちらも主導権は店員側に有ります。

と言うのも店員ですから仕事中に話しかけられても困るわけで、店員側でも客側からでもイキナリ告白しても断られるでしょう。

店には上司もいれば先輩もいる、同僚もいれば後輩もいる、更に他のお客さんがいると言う事を忘れてはいけませんよね。

ですから、客が店員を好きになった場合と、店員が客を好きになった場合のどちらも店員側に主導権が有る訳です。

こういった店員と客の恋愛では相手との関係性が非常に重要になってきます。

顔見知りで挨拶交わす程度の間柄なのか、世間話や雑談できる程度の間柄なのか、既に連絡先を知っている間柄なのかで変わってきます。

店員と客のケースでは、美容師など2人きりで話せる職場が非常に有利で、客や店員を好きかどうか別にして、2人きりで話せますし連絡先も知っていますからコンビニ店員やカフェ店員よりも仲が良くなりやすいのです。

だから勘違い美容師などが出てきてしまい客からウザがられる事も多く、たとえ交際に発展したり結婚したとしても浮気される確率が非常に高いのです。

コンビニ店員やカフェ店員などが客と2人きりになれるチャンスは殆どありませんので、時間をかけてゆっくりと仲を深めていく必要性が出てきます。むしろ本当に好きなのであればそうすべきです。

まずは顔見知りになり、次に挨拶を交わせる様になり、そして世間話や雑談できる関係にならなければ連絡先も交換できませんよね?

2人きりにはなれなくても店員だったら、さりげなく話し掛ける事は可能であり、脈が無ければ客が店に来なくなるだけです。そういった部分でも店員側に主導権があります。

店員と客の恋愛は特別難しい訳ではなく、一般的な恋愛と何も変わりはありません。

一つだけ絶対にしてはならない事として、客が好きな恋愛相談を店のスタッフに絶対に言ってはならない事です。

店の誰か1人に言ってしまったが最後、次の日には全員が知る事になり、余計な事をして折角のチャンスもなくなるでしょう。

好きな人を周囲に公表しない方が良い理由、恋愛相談は相手を知らない人へ』や『職場恋愛や社内恋愛はリスクも大きい』のページも参考になるでしょう。

店員と客の恋愛から結婚までいく人は、2人だけの秘密を共有する事で上手くいっているのです。