ペアーズ会員数500万人突破し台湾でも好調、韓国・香港・シンガポール版を年内にリリース予定

今や国内で最も有名な恋活・婚活マッチングアプリとなっているPairs(ペアーズ)。
ペアーズ
2016年の夏には会員数が400万人突破と言うニュースが有りましたよね。
ペアーズ会員数計400万人突破、Omiai会員数計150万人突破
今回は更に増えて2016年に会員数500万人突破していたそうです。
日本国内に加えて台湾へも進出したエウレカですが、その台湾でも好調となっており、日本と台湾のマッチング合計は3200万組と発表しています。昨年は台湾事業に注力すると述べていましたが、確かに効果は有った様ですね。
しかもPairsのスマホアプリは、iOSとGoogle Playの合計収益で国内6位にランクインしており、如何に恋活・婚活マッチングアプリが一般的に浸透しているかが分かりますね。
並み居るアプリを押しのけて6位ですよ?スマホゲームよりも出会いの方が上と言いたい処ですが5位はドラゴンクエスト・・・。あともう少しでしょうかね。
スマホアプリのランキングで上位なのは大抵子供向けと言うか若者向けが多い中、ペアーズですから結構浮いている感じは有りますが、ペアーズも何方かと言えば若い層が多いですよね。
実際にペアーズ利用者は男性6割、女性4割となっており、このバランスが好調の要因と言われています。
しかもペアーズはネイティブアプリ、所謂スマホにインストールして使用するアプリの方よりも、スマートフォンでWeb版ページから利用する人の方が多いと発表されており、ネイティブアプリとWeb版合計だと・・・まぁ凄い事になっています。
その好調の波に乗って、2017年内には韓国、香港、シンガポール版もリリースする予定となっており、ちょっと勢いが止まりません。
しかし、香港ではどうでしょうかね?中国のマッチングサービスは確かに魅力的ですが・・・
中国のネット婚活・恋活サイトが急激に拡大、会員数が異常な程多い
上記ページで分かる通り、世紀佳縁の会員数は約9000万人、百合網の会員数は約6000万人、珍愛網の会員数は約5800万人と尋常な会員数では無く、ここに食い込むのは結構至難の技。どの様な感じとなるか注目です。
ネット婚活・ネット恋愛、街コン・婚活パーティー、結婚相談所の一覧ページ
どの国でもマッチングサービスは拡大傾向となっていますので、一度は利用するのも良いと思います。
日本では成人年齢などが引き下げられる可能性も出てきていますから、これが良い方になるのか悪い方になるのか・・・