Omiaiの会員数が順調に増加、やっぱりマッチングアプリはお盆がピーク、出会いと別れの季節は春から夏へ

2019年9月5日

恋愛マッチングアプリのOmiaiですが、順調に会員数が増えており、累計が461万人を越えていると発表しています。

Omiai

Facebook自体が恋愛マッチングに参入し、Omiaiも危ないかと思われましたが・・・何の事は無く逆に認知度が高くなったのかも知れませんね。会員数グラフも右肩上がりとなっていますが株価も急上昇していますね・・・

夏休みだった8月の新規会員数は11万8000人で、毎年お盆の時期はマッチングアプリ登録者数が増える傾向だそうです。

お盆の時期はマッチングアプリ利用が増える理由として、帰省する人が多く結婚に関して考える事が多くなるらしい。

親や親戚と会って結婚の話題となる事も多いでしょうから、結婚を意識するのでしょうかね。なんかそれについて文句言っているTwitterを見たことある様な無いような。良い気はしないけど・・・やっぱり結婚を意識してマッチングアプリ登録という流れでしょうか。

そう言った事から周囲が結婚したとか子供が欲しい!とか、寂しくなった、年齢が・・・という理由は分かりますが、恋人と別れたからお盆にマッチングアプリは分からない・・・

と言うか、やはり夏は出会いも多ければ別れも多いと言う事になりますね。

出会いと別れの季節といえば春の卒業シーズンでしたが、現代ではお盆と夏休み含む夏シーズンへ移り変わっているかも?