恋愛バイブルのルールズが現代バージョンに改訂されています、基本法則を知っておこう

皆さんはルールズ(The Rules)という本を知っていますでしょうか?
1990年代に大ヒットし、恋愛バイブルとも呼ばれて一代センセーションを巻き起こした…知らない…
人気ドラマのセックス・アンド・ザ・シティの中にも登場した様ですが…知らない…
そんな私も含めた現代人に向けて、同書籍の著者であるエレン・ファイン(Ellen Fein)、シェリー・シュナイダー(Sherrie Schneider)の二人が新たにルールズを改訂したそうです。
現代はデジタル化やIT技術が進み、恋愛事情もFacebookなどSNS上で発展する機会もあり、以前とは違うので面白そうですね。
要点がまとめられていますので、参考にしてみましょう。
1 初対面の男性に自分から話しかけないこと
2 男性をじっと見たり、見詰めないこと。話しすぎないこと
3 デートの時は、自腹を切らないこと。相手の都合に合わせた場所に行くのではなく、男性があなたに会うために出向いてくるような場所で会うこと
4 自分からは決して電話をかけないこと。かかってきた電話に出られなくても、毎回は折り返さないこと
5 木曜日以降に誘われた場合、土曜の夜のデートは断ること
6 デートを切り上げるのは必ずあなたであること
7 何もプレゼントしてくれない男性なら、デートするのをやめること(あなたは何もプレゼントしないこと)
8 デートするのは週に1度か2度にすること
THE RULES JAPAN 恋と結婚の“ルールズ”―幸せを手に入れる絶対法則[日本語]
上記以外にも、「フェイスブック(Facebook)の『近況』を頻繁に更新してはいけない。男性のフェイスブックのプロフィールを見ない、見たとしても、見たとは言わない」。「男性の携帯メールには、4時間以上経ってから返信する。深夜0時以降は返信しない」。「金曜日の午後6時から日曜日の午後6時までは、メールやメッセージのやりとりをせず、ソーシャルメディア上で何も更新しない」
Facebookの恋人探しアプリOmiaiはコチラ
こ、これは何だか楽しそうですね。
色々と賛否両論あるそうですが、こういった類の本は結構好きですね。
一説によるとビヨンセは現在の夫であるジェイZに対して実践したそうです。
ですが、ジョブズ氏の恋愛術にもありましたが、ドグマに捉われてはいけない…絶対的なものはありません。