VRでの恋愛って意外と有りなのかも知れない理由

VRの様な仮想空間での恋愛って気持ち悪いと思われている感じですが、最近ちょっとVRでの恋愛も意外と有りなのかも知れないと思っています。
ネット恋愛やマスクdeお見合いとかもそうですが、写真で判断したり、顔を隠したり、それって結局VR空間でのアバターと同じですよね。
現実世界では、やれ涙袋、やれ歯並び、やれ二重、やれ体型が、やれ何ちゃらと、何かにつけて外見的な事で判断されます。中には美容整形を繰り返してしまう方もいたりと、本来恋愛や結婚生活で使用するはずの資金を恋愛前に吸い取られている感じもします。
VR空間であれば見た目なんて自由自在に弄る事も出来ますし、外見で何か判断される事も無いのではないでしょうか。
では仮想世界で知り合い実際に会ってみるとどうなるか?こんな記事が最近ありました。
【海外発!Breaking News】ソーシャルゲームを通して仲良くなった22歳男性と86歳女性に友情芽生える(米)
http://news.livedoor.com/article/detail/13987692/
22歳の男性と86歳の女性はソーシャルゲームで知り合い、その後周囲の計らいで実際に出会い友達となっています。
これはアメリカでの出来事ですが、日本でもゲームを通して出会い結婚したカップルは意外といらっしゃいます。スマホ社会の世の中、ゲームをしている方も多いでしょうし、あるしゅネット恋愛ですよね。
このゲームというジャンルが日本ではオタクのモノと言うイメージがつきまとっている事が障壁となっている可能性もなきにしもあらずだと考えます。
ようやくゲームがスマホによってオタク以外もする様になった事で、今回のVR恋愛はありなんじゃないか?と思うようになったのです。
今ってLGBT同士での結婚も出来る訳で、ゲーム上で結婚するシステムとかも今後認可される可能性だって否定できません。
何でもありな訳ではなく、何処かの誰かが作り上げた幻想を追い求める男女が多すぎたり、情報によって美的感覚を左右され過ぎたり、色々とやり過ぎた次の時代の流れではないでしょうか。
ではSNSやARではなく、なぜVRなのかと言うと、とにかく他の余計な情報をシャットアウトする事に意味があると考えます。
恋愛は詰まる所単なる2人が一緒にいるだけの話であり、最初の出会いの場が少人数であればあるほど成立しやすいです。要は2人の空間が大事な訳です。カップルになると更に好きな人しか目に入りませんよね?
最近の婚活パーティーでは独自のアプリが用意されており、容易に2人の空間をネット上で作る事が出来ます。なかなか上手いやり方だと思います。
しかし見た目という余計な情報があるので、それだけでは結局カップルにならなかったり、その場限りの出会いとなってしまう場合も多々あります。
そこでVR空間なのですね。
オンラインゲームなどを幾つか調べていくと、何気に恋愛は盛んと言いますか、出会い厨とか呼ばれる方々は昔から一定数いる様です。しかも実際にオフ会なども開催してあっている・・・オタクなのに何気に積極的なのは凄いですよね。
単なるオンラインゲームですら上記の通りですから、VRともなると更に面白くなるのではないでしょうか。
VR機器も以前紹介した様なVAQSO VRだったり、五感も感じる事が出来る様になってきています。
匂いが出るVAQSO VR、何か凄いことになっている・・・
http://luv.wp.xdomain.jp/archives/68670136.html
しかも最近ではバーチャルYouTuberなるものが登場しており、中身が誰か分からないのに人気が出ているコンテンツやプラットフォームも登場しているそうです。
これから更なる発展が約束されているVRですから、恋愛も結婚もとんでもない自由度の高いシステムになっている未来がくる可能性も有りますね。
まだ気持ち悪いと感じている人は、よく考えて見たほうが良いでしょう。
なぜなら以前ならPC持っていたらキモいとか言われていたが今や殆どの人がPCを使用し、ゲームオタクがキモいと言っていたら殆どの人がゲームオタク化し、漫画もアイドルもアニメも全部そうですよね?
キモいと言っていた事を自分がしている事に気づいていながらもハマっている。
多分スマートフォンで日本企業が出遅れた原因も固定観念やキモいイメージが先行していた為、市場ではウケないと判断されたからです。その中でiPhoneをお洒落なイメージで販売したためAppleが日本で一気に展開する事になりました。現に日本人は世界で最もiPhoneユーザーの割合が多いです。
とにかく流されやすく右へ倣えだった日本も、ようやく個々で盛り上がる事の面白さを感じ、世界からだいぶ遅れてSNSが流行り、そして今です。
世界は日本のコンテンツを参考にしており、企業規模は海外の方が大きいですが、日本企業が担っている役割は非常に大きい事が分かります。オタク、コスプレなど過労死と同じく海外でもそのまんま通用するほどになっています。コスプレはVRとも相性が良いのではないでしょうか。
なんだか長くなってきてしまいましたが、いちいち他人の恋愛を批判するのではなく、自分にあったプラットフォームを利用する事が重要なのですね。
批判されればされるほど燃える恋もあれば、萌えるオタクもいるのです。