顔美人ではなく性格美人になってモテましょう

美人じゃなくても性格でモテる女性の特徴3つ
世間には、見た目が美形ではなく、スタイルが抜群ではなくてもモテる女性は存在します。この場合の「モテる」の定義は、男性から性の対象『だけ』として見られるのではなく、「交際したい」と思われる「モテ」です。今回は、こういった女性たちに共通する中身=性格や振る舞いについて触れていきます。
http://news.mynavi.jp/articles/2013/12/15/bijin2/

美人であればモテるのは当たり前、しかし皆が皆、同じように美人・可愛い女性だけと言う訳ではありませんよね。
ブサイクは恋愛も結婚も出来ない?と言う訳でもないのは知っている筈。
何故あの子はブサイクなのにモテるの?と思った事はありませんか。それは顔美人ではなく、性格美人だからだと思いますよ。
しかも、そんなに美人でも無い為、声をかけやすいのも理由の一つでしょう。
では、そういった性格美人に見せるには、どう言った事に気を付ければ良いのでしょうか?それらが掲載されていますので見て行きましょう。
■行儀が良く軽いオンナではない=上品である
行儀の良し悪しは、動作の至るところに表れます。食事マナーで行儀が悪いと言えば、きちんと箸が持てない、口の中に食べ物が入った状態で平気でしゃべる、大皿料理に直箸を突っ込む、お会計時になるとトイレに行って素知らぬ顔をするなどが挙げられます。その他、電車の中でスカートなのに脚を閉じない、優先席で席を譲らないetc.生活のあらゆる場面で見て取れるものなのです。
■目当ての人の前では態度が変わる
いわゆる”ぶりっ子”です。男性はぶりっ子だとわかっていても、自分『だけ』にぶりっ子をしてくれる人に好印象を持ちます。男性に取材をした際、「わかっているけどかわいいと思ってしまう」と、多くの男性が答えていました。
■同性とつるみすぎない
いつも同性と一緒では、男性が声をかける隙がありません。同性とつるみすぎない女性は男性が声をかけやすいだけではなく、「口が固そう」という印象も与えられるため、男性が心を開くきっかけ作りにも一役買ってくれるのです。
■肌が抜けるように白くきめ細かく柔らかそう
「色の白いは七難隠す」ということわざがありますが、上記のような肌質を持つ女性は、間違いなく男性の目を惹きつけます。男性は女性を抱きしめた時、柔らかく小さく感じることが多いそうですが、この、「肌が抜けるように白くきめ細かく柔らかそう」な女性は、男性のそうした「抱きしめてみたい!」という欲求に、火をそそぐ肌質なのです。
■ベージュや白系統の洋服を好んで着ている
色彩心理学でベージュには、人に安心感を与える色と言われています。実験でもベージュには人の筋肉を弛緩させ、リラックスさせる効果があると証明されたそうです。多くの男性は女性に「癒やし」を求めますから、ベージュの洋服を着ている女性には、無意識に近づきたくなってしまうのかもしれません。
■目のメイクが派手ではなく歯並びが美しい
つけまつ毛や太めに引いたアイライン、濃いアイシャドーが多くの男性から不評なことは知っている女性も多いのではないでしょうか。女性のメイク技術が格段に向上して、ノーメイクが想像できないほど念入りに作り込まれていては、すっぴん&薄いメイク好きな男性に引かれてしまうのは当然なのです。
この様になっていますが、意外と鋭い所をついていますねぇ。
要は知的な女性に見えたら良いのですよね、単にメガネをかけるのは時代遅れ。
ここに前回の食事の仕方などを組み合わせれば最強の性格美人となれるかもしれない。