歯並び良いから成功した訳では無く、成功したから歯並びを良くする

小池百合子も蓮舫も!? 成功者と「歯並びのよさ」の密接な関係とは
東京都知事には小池百合子氏、民進党代表には蓮舫氏が就任するなど、女性政治家の活躍が目立つ1年となりましたよね。
彼女たちの共通点のひとつが、清潔感のある“美しい歯”ですが、歯は人生の成功にどのくらい関与しているのでしょうか。
http://news.livedoor.com/article/detail/12352141/

歯並びを気にする方は多いと思いますが、歯並びが良くなければならないと言う事は有りません。
噛み合わせが悪く、体に影響が出る場合は気にした方が良い場合も有りますが、それ以外は完全なる印象操作の記事が多いですので注意が必要です。
ある記事では、成功者は歯並びが良い。だから歯並びを良くすると成功すると思わせる様に書かれています。
しかし、歯並びが良いから成功した訳では無く、成功したから歯並びを良くしただけの話です。
ネットで過去の写真を見るとあら不思議、歯並びが現在と違います。
芸能人は歯が命と言う広告があった様に、人前に出る機会が多く、アップで映される場合が多い著名人は歯並びを良くする様になっています。
ある事務所では、売れる前に歯並びを治す事が条件となっている所まで有るほどです。矯正している人もいますが、基本的には差し歯です。明石家さんまさんも田村淳など歯が話題となる人達も皆差し歯です。差し歯やインプラントなどは美容整形の類ですから、業界人なら美容整形も余裕ですね。
ついでに言うと、日本人は骨格と歯の大きさ、口腔サイズなどから歯並びが欧米人とは異なります。八重歯の人が多いのもその為です。
その欧米では歯並びが悪いと出世出来ないと日本では良く言われています。実はこれも都市伝説レベルです。デブだと出世出来ないとも良く言われていますが、全くのデマです。欧米人は基本的にデブですから、国民全員が出世出来ない事になります。
更に言うと、欧米特にアメリカでは保険が有りませんので、歯医者に通う事が出来る人達が限られてきます。低所得者では非常に厳しいので、出世やら成功者やらのイメージに歯並びが出てくるのです。
歯の白さ、ホワイトニングの概念も欧米特にアメリカから持ち込まれており、鬱陶しいですね。80年代アイドル達に限らず、昔は虫歯すら気にせずテレビに出ていた時代が懐かしいです。
も一つ言うと欧米でも歯並びを異常に気しているのは一部の層だけです。ちなみにアフリカ人は何もしなくても歯並びも色も綺麗です。
私は歯並びが悪いからモテ無い、歯並びが悪いから頭が悪い顔が悪い、色々と悩んでしまう人もいらっしゃいますが、歯並びが良いからモテる訳でも有りませんし、歯並びが良いから頭が良い訳でも顔が良い訳でも有りません。ましてや歯並びが良いから性格も良いなどと言う事も有りません。
前述の記事で紹介されているデータは全てイメージ・印象の類で、これらを参考にしていること自体が印象操作。幾らでも創る事が出来ますのであまり気にしない方が良いでしょう。
歯並びが悪いデメリットが書かれていますが、こじつけが多いです。歯並び良くてもなるものはなる!発音が悪いからコミュニケーションに支障きたすって・・・舌足らずの人はどーすんだ!って話。しかも、差し歯で綺麗にしていたら歯並び良くても面倒くさい事になりやすいです。
出っ歯も八重歯もチャームポイントだった昔の方が良いと思いませんか?
見た目命の芸能人だけが気にすれば良いだけで、一般人まで一緒になる事は無いですよ。
歯並びが悪いからあの人は好きじゃ無い、歯並びが悪いから別れたいとか、歯並びに関してイチイチ煩い事を言う人は、完全に性格が悪いですので、分かりやすくて良いのかも?
重要なのは歯並びではなく、虫歯を無くす事です。歯並びでストレスをためると口の中が酸化して虫歯リスクも高まってしまいますよ。
流石に虫歯だらけの人とはキスをしたく無いですし、差し歯にして綺麗にしていても歯周病の人とは、やはりキスをしたく無いですから。歯並びよりも注意すべき所を綺麗にしていきましょう。