お金目当ての女は騙されやすい、低年収との結婚には尊敬も愛も消えると感じる女は要注意

デヴィ夫人『年収200万円』男性との結婚は「愛が消える」発言に賛否

デヴィ夫人はそのイベント中、「大好きな年収200万円の男性と、好きでもない年収1億円の男性なら、どちらと結婚すべきか」という質問に対し、「もちろん、年収1億円の男性」と即答した。続けて「愛があれば十分というのは、江戸や明治時代の物資の豊富じゃない時代はいい。この時代では年収200万円の人と結婚したら、『あの人はこんないいものを持っている』となって、尊敬や愛が消える」とも発言。「かい性がある男性は尊敬、信頼できる。愛が生まれてくる。結婚は永久の就職ですから」と、自身の価値観を披露した。

https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_078425/

デヴィ夫人が低年収男との結婚なんて考えられないわぁ・・・という感じのコメントをしていますね。

「愛があれば十分というのは、江戸や明治時代の物資の豊富じゃない時代はいい。この時代では年収200万円の人と結婚したら、『あの人はこんないいものを持っている』となって、尊敬や愛が消える」

「かい性がある男性は尊敬、信頼できる。愛が生まれてくる。結婚は永久の就職ですから」

要は、愛があれば良いは古い、金がある人は尊敬出来るし信頼できる。そして愛が生まれる。

もっと要約すると、尊敬と愛は金で買えるという趣旨の事をデヴィ夫人は言っています。

なるほどぉ、でもそれすら今の時代にはそぐわないのではないでしょうかね?なぜ男だけ?となるのは当たり前の時代なのですよねぇ・・・しかも平均年収調査でも低年収が多い事も明らかに・・・

デヴィ夫人の来歴をWikipediaで調べると何気に家族やらなんやら色々とメチャクチャになっているじゃないですか・・・知らなかった・・・

ついでに言うと、お金目当ての女は騙されやすいです。
何しろ金しか目がいっていませんから、詐欺師にとっては騙しやすいのでしょうね。

職業を偽って詐欺る事件が後を絶たないのはお金目当てが多いからでしょうし、パパ活でも手当と呼ばれるお金を貰えないパターンも多く報告されていますよね。

逆に身体目当ての男も騙されやすいです。
何しろ身体にしか目が行ってませんから詐欺師や美人局にとっては騙しやすいのでしょうね。

お金で女を落とそうとする男も騙されやすく、アニータなど横領で貢ぐ男が後を絶ちませんね・・・

相手を何で判断するかは個人の価値観ではありますが、お金や身体だけで判断すると痛い目を見ること過去の事例から見ても明らかです。

相手の年収が高いからと言って自分の年収が高くなる訳ではないのです。

しかも、近年では婚姻しないパターンも多くなっており、世の男達は金目当て女を見抜く方法を確立しており、それが40代独身女性が延々婚活する原因となっているのです。未だに金金年収年収言っていますから・・・

先日離婚して巨額な慰謝料を受け取る事になったAmazonのジェフ・ベゾスの元嫁マッケンジー・ベゾス。結婚した当時Amazonは非常に小さな会社でした。

お金目当ての結婚を望んでいたらあり得なかった結婚ですし、あり得なかった巨額な慰謝料です。

マーク・ザッカーバーグの奥さんも、リオネル・メッシの奥さんも、無名時代から付き合って結婚している事実をどう見るか?

日本の経営者だと柳井正会長の奥さんも、柳井会長と付き合った当時は奥さんの年収の方が高いのです。

男の見る目があるとかないとかじゃぁなくて・・・好きな人と結婚したら好きな人が成功して豊かになっただけの話です。

そもそも何で自分で稼ぐ意識にならないのか・・・なぜ基本的に他力本願なのか?そっちの方が問題視される時代になっている事に気付いていないのでしょう。